神戸市役所の採用情報を見て求人に応募しました

一次と二次と三次試験と進み無事に神戸市役所に合格する

募集が開始されたのを神戸市役所の採用情報で見てからはすぐに応募を行いました。
一次試験は筆記試験であり、しっかりと対策をしていたので大丈夫だろうと思っており、実際に試験を受けてみても確かな手ごたえがあったことを覚えています。
二次試験では個別面接とグループワークが実施されたのですが、これらがかなり苦手でした。
事前に対策を行っていたものの、一次試験より手ごたえが感じられなかったです。
けれども、無事合格していました。
そして、三次試験では論文と面接による試験を受けました。
論文は練習していたおかげで問題なく書くことができたのですが、やはり面接は上手くいったかどうかが分からなかったです。

採用について本気で考えてる。

人材の大切さがわかっているんだろうか。


だから神戸市役所は優秀な人材が集まるんだろうな。


採用から負の連鎖を変えられると本気で信じていますが、私のような存在は何をしても人事課には行けない。
https://t.co/VsxhnP0Nth

— FRT@公務員の働き方"革命" (@3120FRT) June 15, 2020
途中で回答につまってしまう部分もあり、不合格かもしれないと不安になりました。
少し経って結果が発表されたのですが、無事合格していました。
選考が進んでいくにつれて自信がなくなっていたので、採用されたことが分かって本当に嬉しかったです。
神戸市役所で働くようになってからは研修制度が充実しており、卒業したての新入社員でも着実に力を身につけていくことができると感じました。
社会人としてのマナーや礼儀、基礎的な知識などを研修で学ぶことができましたし、市役所での対応などもしっかりと指導してもらうことができたので安心でした。

両親が公務員で自分も公務員を目指して大学進学一次と二次と三次試験と進み無事に神戸市役所に合格する研修制度が充実しており周囲のサポートもあって安心して働ける