神戸市役所の採用情報を見て求人に応募しました

両親が公務員で自分も公務員を目指して大学進学

両親が公務員で自分も公務員を目指して大学進学一次と二次と三次試験と進み無事に神戸市役所に合格する研修制度が充実しており周囲のサポートもあって安心して働ける

両親が公務員であったこともあり、昔から公務員になりたいと思っていました。
待遇や福利厚生が良いですし、何よりも信頼している両親と同じ職種に就くことに憧れがあったのです。
高校卒業後すぐに試験を受けることも考えたのですが、両親や学校の先生の勧めで興味のある分野について学んでからでも遅くないと言われたのです。
将来やりたい仕事は決まっていましたが勉強することは好きだったので、興味があった文学部に進学することに決めました。
事前に地元の神戸市役所の採用情報を確認し、どのような学部でも応募できることが分かっていたので安心して進学することができたのです。
大学では興味がある分野を学ぶと同時に、就職の際に評価されそうな資格の取得を行いました。
また、サークルでボランティア活動を行うことによって、より一層公務員のように地域の人々の暮らしを支える仕事をしたいと思うようになりました。
大学3年生のときから対策テキストを読んだり、小論文の練習をしたりしていたのでそれほど不安はなかったです。
本格的に就活に向けての指導が行われるようになってからは、キャリア相談室のスタッフと話をして、必要な対策を教えてもらったり、小論文の添削や面接指導を行ってもらったりしました。